妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【まとめ(本)】ひらめき!成功!億万長者!海外の有名な起業家の自伝、企業の歴史

有名な起業家はどういう生い立ちをしたのか、有名な企業はどうやって誕生したかに興味があり、自分で調べてみて、面白かった本をまとめてみました。

 目次

  • 仮想通貨ビットコイン

  • テトリス

  • マインクラフト

  • イーロン・マスク

  • ピーター・ティール

  • Airbnb(エアビーアンドビー)

  • NETFLIX(ネットフリックス) 

  • Apple(アップル)のジョナサン・アイブ

  • Apple(アップル)のスティーブ・ジョブズ

  • PIXAR(ピクサー)

  • Google(グーグル)のGoogle検索、Gメール、Google Chrome等

  • Google(グーグル)のGoogle Map(グーグルマップ)

  • マリッサ・メイヤー

  • Facebook(フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグ

  • Yコンビネーター

  • Twitter(ツイッター)

  • Microsoft(マイクロソフト)のWindows(ウインドウズ)

  • Microsoft(マイクロソフト)のポール・アレン

  • Amazon(アマゾン)のジェフ・ベゾス

  • ザッポスのトニー・シェイ

  • NIKE(ナイキ)のフィル・ナイト
  • サウスウエスト航空

【仮想通貨ビットコイン】

一番最初の仮想通貨。2008年に「サトシ・ナカモト」という正体不明の人物がビットコインというP2P電子マネーシステムに関する8ページの論文をmetzdowd.com内の暗号理論に関するメーリングリストに投稿したのが始まりです。この本では、「サトシ・ナカモト」が論文を発表した直後の2009年から2014年までのビットコインの歴史が分かる1冊になっています。 

デジタル・ゴールド??ビットコイン、その知られざる物語

デジタル・ゴールド??ビットコイン、その知られざる物語

 

【テトリス】

ソ連の歴史上、最も偉大な文化輸出品。落ち物パズルゲームのテトリスは世界で最も売れたゲームであり、世界で最も移植されたゲームである。この本の登場人物であるヘンク・ロジャースはテレビ「グレート・コネクション」でテトリスの創業者として紹介されている。そのテトリスのライセンス合意をめぐる戦いが分かる一冊です。

テトリス・エフェクト

テトリス・エフェクト

 

【マインクラフト】

Youtubeの投稿数4,500万越えの大人気のマインクラフト。YoutubeのNintendo公式チャンネルの「よゐこのマイクラでサバイバル生活」を見て、自分で家を作ったり、サバイバルしているのを見て面白そうでした。マインクラフトはゲームという枠を超え、スウェーデンでは都市開発計画用のツールとして、国連では開発途上国の若者たちに都市開発にかかわってもらうツールとしても使われているようです。そんなマインクラフトがどのように作られ、大人気になっていくかの経緯が分かる1冊になってます。

マインクラフト 革命的ゲームの真実 (角川学芸出版単行本)

マインクラフト 革命的ゲームの真実 (角川学芸出版単行本)

  • 作者: ダニエル・ゴールドベリ,リーヌス・ラーション,羽根由
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/03/27
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

【イーロン・マスク】

世界最大のオンライン決済サービスPayPal(ペイパル)を開発したペイパルマフィア(※)の1人です。ペイパル開発後は、電気自動車会社テスラ社で長距離走行可能な電気自動車を作ったり、スペースX社で低コストのロケットを作って、国際宇宙ステーションに物資補給用の宇宙船を打ち上げることに成功してます。そんな彼の幼少期から現在までが分かる一冊です。
(※)ペイパル出身者は次々と企業し、成功させて、シリコンバレーを代表する企業家になってます。彼らは固い絆で結ばれていることからペイパルマフィアと言われています(Youtubeの創業者たちも含まれているというとすごさが分かるかも)。

イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男

 

【ピーター・ティール】

世界最大のオンライン決済サービスPayPal(ペイパル)を開発したペイパルマフィアの1人です。ペイパル開発後は、フェイスブックを創業当初から投資家として支えたり、CAIFBIを顧客にもつビッグデータ解析企業のパランティア・テクノロジー社を創業したり、トランプ大統領の政権移行チームのアドバイザーだったりと縦横無尽に活躍してます。そんな彼のスタンフォード大学時代から現在までが分かる一冊です。

ピーター・ティール  世界を手にした「反逆の起業家」の野望

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望

 

また、彼の書いた本「ゼロ・トゥ・ワン」は日本の2015年のビジネス書大賞で1位を獲得してます。2012年にスタンフォード大学で彼が受け持った起業の授業をベースにできた本です。

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 

また、20歳未満の学生20人に「大学をやめて起業する」ための資金10万ドルを与える「20アンダー20」(ティール・フェローシップ)を運営してます。 

20 under 20

20 under 20

 

【Airbnb(エアビーアンドビー)】

泊まる場所を探す旅行者空き家・空き部屋を貸したい人をつなぐオンラインサービス。失業して家賃の支払いに困っていたふたりのデザイン学校卒業生が、2007年10月に自宅の余ったスペースにエアマットを敷いて貸し出すところから今にいたるまでの経緯をまとめた1冊です。

Airbnb Story

Airbnb Story

 

【NETFLIX(ネットフリックス)】

史上初のグローバルインターネットテレビを作った会社。ディズニーと並ぶエンターテインメント企業。GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)を超えるとも言われている企業です。ストリーミングが当たり前となった現在、動画見放題サービスはいくつもありますが、ネットフリックスが最強と言われてます。この本では2004年から2010年の間の取材をベースに、ネットフリックスの歴史をだどった1冊となってます。

NETFLIX コンテンツ帝国の野望―GAFAを超える最強IT企業―

NETFLIX コンテンツ帝国の野望―GAFAを超える最強IT企業―

 

【Apple(アップル)のジョナサン・アイブ】

アップルの最高デザイン責任者iPod、iPhone、iPad、iMac、MacBookといった現在の主要なアップル製品のデザインに関わってきてます。ジョナサン・アイブの生い立ちやアップル製品がどういうこだわりをもって作られたかが分かる一冊です。

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

 

【Apple(アップル)のスティーブ・ジョブズ

アップルの創業者。「スティーブ・ジョブズ Ⅰ」では、生まれてから、マッキントッシュを生み出し、アップルを追い出され、PIXAR(ピクサー)で映画「トイ・ストーリー」を成功させるまでが分かる1冊です。「スティーブ・ジョブズ Ⅱ」では、アップルに凱旋し、iMac、アップルストア、iPod、itunes、iPhone、iPad、iCloudを作り、亡くなるまでが分かる1冊です。

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

 
スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

 

スティーブ・ジョブズ」のプレゼンテーション技術は世界一とも言われてます。この本では、プレゼンテーションが元から天才というわけではなく、そこには彼の事前準備やこだわりや練習があって成り立っています。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

  

【PIXAR(ピクサー)】

世界一のアニメーション制作会社。CG製作が得意で映画「トイ・ストーリー」を作った会社といえば、分かってもらえるかもしれない。スティーブ・ジョブズがアップルに戻る前に社長をしていた会社です。この本では、スティーブ・ジョブズがローレンス・レビーを最高財務責任者(CFO)としてスカウトし、財政難を乗り越えて、映画「トイ・ストーリー」を成功させ、ディズニーの買収に導くまでが分かる一冊です。

PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

 

【Google(グーグル)のGoogle検索、Gメール、Google Chrome等

世界一の検索エンジンGoogle検索。この本では、Googleの創業者であるセルゲイ・ブリンとラリー・ページGoogle検索エンジンを作ってGoogleアドセンス(広告)で莫大な利益を上げてるまでの経緯、およびそこからGoogle社員がGメールGoogleのデータセンターGoogle Chrome(ブラウザ)Android(スマホOS)等ができるまでの経緯が分かる1冊です。登場人物がIT業界では有名人ばかりでビックリです。

グーグル ネット覇者の真実

グーグル ネット覇者の真実

  • 作者: スティーブン・レヴィ
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/08/31
  • メディア: Kindle版
  • 購入: 1人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログを見る
 

ここでグーグルに関するおすすめ本を2冊紹介します。
1つは、同会社の元CEOのエリック・シュミットが書いた本です。日本の2015年のビジネス書大賞で2位です。グーグルの経営者となり、グーグルが急激に成長していく過程で、試行錯誤して成功に導いた方法が分かるります。

How Google Works

How Google Works

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/17
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

もう1つは、グーグルという世界最高の職場を設計した人事のトップが書いたグーグルの採用・育成・評価が分かる本です。日本の2016年のビジネス書大賞で8位です。グーグルの社内に多くのルールブックや就業規則があるわけではないですが、著者が考えるグーグルがなぜ、どう動いているかが分かる1冊です。

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

 

【Google(グーグル)のGoogle Map(グーグルマップ)】

目的地までのルート検索や地図として世界一利用されており、なくてはならないサービスになりつつあるグーグルマップ。この本では1999年に始まった地図会社のキーボールが2004年にグーグルに買収され、グーグルマップというサービスができ、「ポケモンGo」ができるまでの経緯が分かる一冊です。一番驚いたのは、グーグルマップを作った人が「ナイアンティック」という会社を設立し、「ポケモンGo」にも一枚かんでいたことです。この会社のミッションはこの本によると地図に関する知識とゲーム開発をかけあわせ、若者からお年寄りまで、再び外に行って遊ぶためのアプリを作ることなので、まさかそれが「ポケモンGo」につながるとは思いませんでした。ちなみにPokemon Go(ポケモンGo)のアプリは2016年7月6日にリリースされました。2019年8月1日現在でも、「好きなようにGoしよう」キャンペーンで乃木坂46の齋藤飛鳥さん・山下美月さん・与田祐希さん・遠藤さくらさんがCM中で、まだまだ人気が続いてます。

世界を変えた地図グーグルマップ誕生の軌跡 NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (T's BUSINESS DESIGN)

世界を変えた地図グーグルマップ誕生の軌跡 NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (T's BUSINESS DESIGN)

 

【マリッサ・メイヤー】

Yahoo!の元CEOGoogleの元副社長。グーグルではグーグルが世に出す全てのユーザインターフェースの決定といった重要なことをしていました。この本は彼女が大学時代からグーグルに入社し、グーグルを進化させ、その後にYahoo!のCEOとなり、同社をまとめ上げようと試行錯誤する様子が分かる1冊です。

FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争 (角川ebook nf) (角川ebook nf)
FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争 (角川ebook nf) (角川ebook nf)
 

【Facebook(フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグ】

世界最大のSNSサイトのフェイスブックの創業者兼会長兼最高経営責任者CEO。2003年のハーバード大学時代~音楽ファイルの共有サイト「Napster(ナップスター)」を作ったショーン・パーカーとの出会い~フェイスブックを創業~元グーグルの広告戦略の責任者だったシェリル・サンドバーグを迎える~2009年ぐらいまでどのように成長したかが分かる1冊です。

フェイスブック 若き天才の野望

フェイスブック 若き天才の野望

 

より内情が知りたい人は、元フェイスブック社員が書いた本をおすすめします。著者は、インテルの元会長兼CEOアンディ・グローブの下でゼネラルマネージャーを務めた経験を持ち、2009年にフェイスブックのグローバルビジネスマーケティング部門のディレクターに就任した人です。フェースブックでいつ、だれが、どういう判断したかが具体的に分かる一冊です。

フェイスブック 不屈の未来戦略 (T's BUSINESS DESIGN)

フェイスブック 不屈の未来戦略 (T's BUSINESS DESIGN)

 

 

【Yコンビネーター】

2005年に設立されたマウンテンビューにあるベンチャーキャピタル。また、シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクールとして有名です。この会社は、同時に数十社ものソフトウェア・スタートアップに投資し、それぞれの会社は1万~2万ドルの出資を受ける見返りに株式の7パーセントをベンチャーキャピタルに与える仕組みになっています。ここから成功した企業として、AirBnbDropBoxがあります。創業者であるポール・グレアムは、「ハッカーと画家」という本の著者で有名です。この本は、Yコンビネーターの2011年夏学期のスタートアップの創業者たちがアイデアをどのように考えていき、学期末に出資を受けるに値するか判断されるまでが分かる1冊です。

Yコンビネーター

Yコンビネーター

 

【Twitter(ツイッター)】

世界を変えた140字のつぶやきで有名なツイッター。日本ではフェイスブックよりも人気です。この本はツイッターがどのように誕生したかが分かる1冊です。この本とは関係ありませんが、金曜ロードショーでジブリ映画「天空の城ラピュタ」の有名なセリフ「バルス」でツイッターのサーバーがダウンしたこともありました。この現象を「バルス祭り」といい、2013年のツイート数が秒間143,199ツイートでしたが、2013年以降は徐々に「バルス」離れが起きているようです。

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

 

【Microsoft(マイクロソフト)のWindows(ウインドウズ)】

マイクロソフトの標準OSであるウインドウズ。この本では、初期OSではありませんが、WindowsNTというOSがどのような考え方で作られたかやできるまでの人々の葛藤が分かる1冊になります。日々業務でExcel・Word・Outlook・PowerPointなどを使っている方は多いと思いますが、それが動いているウインドウズOSがどのように作られたかを語っている本は中々ないので、OSがどう作られたか興味がある方はおすすめです。ちなみにNTとはビル・ゲイツいわく「New Technology」の略とのことです。

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達

 

【Microsoft(マイクロソフト)のポール・アレン】

マイクロソフトの共同創業者。創業者としてはビル・ゲイツが有名ですが、彼は影の立役者。この本は、彼の少年時代から、ハーバード大学時代にビル・ゲイツと出会い、Windows(ウィンドウズ)が製作され、世界中を席捲するまでが分かる1冊です。彼が考えたマイクロソフトという名前は、「マイクロプロセッサ」と「ソフトウェア」という2つの言葉を組み合わせたものらしい。

ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢

ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢

 

【Amazon(アマゾン)のジェフ・ベゾス】 

Amazonの創業者。Amazonは世界最大のECサイトであり、世界最大の書店。この本は、彼が27歳頃のウォールストリートにいた時代から、ガレージでAmazonを起業し、2014年頃までどのように成長したかが分かる1冊です。電子書籍kindle誕生までの経緯が面白いです。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者

 

アマゾンの今を知るには「amazon 世界最先端、最高の戦略」がおすすめです。アマゾンと楽天のビジネスモデルの違い、プライム会員、AWS(Amazon Web Service)、最新の物流の仕組みが分かる1冊です。

amazon 世界最先端、最高の戦略

amazon 世界最先端、最高の戦略

 

【ザッポスのトニー・シェイ】

オンライン靴店ザッポスの最高経営責任者(CEO)。アマゾンを震撼させるサービスが有名で、2009年7月からはアマゾンの傘下に入ります。企業文化が有名でアメリカでサウスウエスト航空に並び働きたい会社の上位に選ばれてます。この本は彼の生い立ちからザッポスに至る経緯、ザッポスの価値観やビジョンが分かる1冊になってます。いかに社員と顧客を大切にし、そのためにどういう努力や失敗を重ねて、成功したかが分かります。

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説

 

NIKE(ナイキ)のフィル・ナイト

世界有数のシューズメーカー。この本では、1962年の日本のシューズメーカーのオニツカオニツカタイガーのオニツカと言えば分かるかも)との契約から、ナイキを創業して、現在までの歴史が分かる1冊となってます。ナイキがギリシャ神話に出てくる勝利の女神のニケ(NIKE)が由来とは思いませんでした。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

 

【サウスウエスト航空】

顧客満足調査で常に上位にいる航空会社。MBAのクラスでも必ず学ぶと言われるような企業です。この本はサウスウエスト航空の創成期から、他の航空会社に不屈の闘志で立ち向かい、世界トップクラスの航空会社になった歴史が分かる一冊です。

破天荒!!―サウスウエスト航空 驚愕の経営

破天荒!!―サウスウエスト航空 驚愕の経営