英会話・英語の効率的な勉強法まとめ

 

概要

英語を話せるようになるための方法。

 

結論はシンプルで、「間違ってもいいから勇気を持って話そう」・「英語に触れる機会を増やそう」です。「間違ってもいいから勇気を持って話そう」は、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の出川イングリッシュのコーナーで、出川さんの英語に勇気をもらった人が多いはずです。

 

あの場面を自分に置き換えると間違えるのがはずかしくて、なにも話せなくなってしまう人が多いと思います。

 

そのため、間違ってもいいから勇気を持って話すことが大切です。

 

「英語に触れる機会を増やそう」は、英語は場数が大切だからです。

 

長時間英語に触れる機会はほとんどないので、自分から英語に触れる環境を無理やり増やすしかないです。

 

最後に、本気で英語を学びたい人にこれから紹介する本がきっかけになれば幸いです。

 

<英語のハードルを下げる必読本>

 

英語は3語で伝わります

中学英語・高校英語で勉強した知識を使って英語を話す人は多いです。

 

ただし、一語一句間違えがないかと考えてしまい、話せなくなってしまいます

 

そんな難しいこと考えずに簡単な伝え方があるよというのがこの本です。

 

彼女が伝えたいのは、

 

「複雑な文をやめて、まずは3語(主語、動詞、目的語)で組み立てる」というスキルです。新しい文法、単語、構文の暗記はいりません。

 

英語は3語で伝わるということで、中学英語で習うSVO(S:主語、V:動詞、O:目的語)を使って、どんな英語でも「誰かが何かをする」で考えれば簡単に伝えられるといった内容です。

 

その発想はなかったので、英語に対するハードルも下がり、これなら話せるかもと思いました。

 

英語は3語で伝わります

英語は3語で伝わります

 

目次

はじめに 伝わる英語は、やさしい英語

CHAPTER1 「日本人の英語」が伝わらない理由

CHAPTER2 「3語の英語」は動詞が決め手

CHAPTER3 これでOK!「3語の英語」の組み立てパターン

CHAPTER4 「3語の英語」に情報を足していく

CHAPTER5 実践!「3語で伝える」ために、ここはバッサリ捨てましょう!

おわりに 英語講師として、見てきたこと、感じたこと

 

 英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】

英語は3語で伝わります」の続編です。

 

今回は「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」にする練習になります。

 

日常会話でありがちな100の例文を「3語の英語」にしてくれてます。

目次

はじめに 今こそ、日本の英語が変わるとき

Chapter1 自分・家族・友人のことを話してみよう

Chapter2 見たまま、感じたまま何でも話してみよう

Chapter3 日本の魅力を伝えよう

Chapter4 仕事の話で深めよう

Chapter5 気持ちと要求を伝えよう

Chapter6 「3語の英語」の継続練習へ

おわりに 英語を使って何しよう?

 

 難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

こちらも英語が話せる方法を伝授した本です。

 

「英語は3語で伝わります」と同じことが言えますが、英語はもっとシンプルに考えてよいとのことです。

 

日常的にいくらでも応用がきくシンプルな英語が満載です。個人的なヒットは以下の英語の使い方です。

 

・相手にお願いしたいとき「お願いできますか」

Would you?(+ジェスチャー) (例)写真を撮ってほしいとき カメラを差し出して「Would you?」

 

・自分がしたいことをお願いするとき「よろしいですか?」

May I?(+ジェスチャー) (例)レストランなどで別の席に移動したいたいとき 空いてる席を指でさして「May I?」

 

Chapter1 考え方編 日本人は英語を難しく考えすぎていた!

Chapter2 ペラペラ入門編 英語で道を聞かれたときや、海外旅行で困らないようにする!

Chapter3 ペラペラ初級編 自分の思ったことを伝えられるようになるには?

Chapter4 ペラペラ実践編 英語で日常生活ができるようになる!

Chapter5 ペラペラビジネス編 英語を使って仕事ができるようになる!

 

 <英語で子育て・受験対策>

 

英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

著者いわく、この本のコンセプトは、

 

英語4技能を幼児から小学生に教える「型破りな英語学習法」と「親のための完全マニュアル」

 

実際にこの方法で娘すみれさんをハーバード大学に合格させたので納得です。

 

また、すみれさんはハーバード大学とジュリアード音楽院を首席卒業とスーパーな経歴になってます。まさに英語で一流を育てるです。

目次

プロローグ 「まさか」を「すごい」に変える”奇跡の勉強法”初公開

CHAPTER1 なぜ、一流は家庭で英語を学ぶのか

CHAPTER2 常識破りの英語で子育て完全マニュアル

CHAPTER3 「日本語B」で「英語脳」に変わる法

CHAPTER4 1日たった5分のらくらく単語暗記法――英語は単語が9割!

CHAPTER5 小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める「超・音読法」

CHAPTER6 ハーバード生がつくった英文をマネれば、英作文も子どもに教えられる

CHAPTER7 家庭で英語の「1分間スピーチ」が得意になる方法

エピローグ

 

 <英会話スクール>

 

21世紀の英会話

世界を飛び回って仕事をする高城剛さん。

 

そもそも、英語はペラペラですが、そんな彼が自分でいろいろなオンライン英会話やフィリピン留学を自分で体験し、どこが一番素晴らしいか、それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのかを比較した本になります。

21世紀の英会話

21世紀の英会話

  • 作者:高城剛
  • 発売日: 2013/10/11
  • メディア: Kindle版
 

目次

chapter1 日本の英語教育と日本人の英語力の残酷な真実

chapter2 英語教育のパイオニア・韓国を追い越せ

chapter3 英語の基礎を作る「オンライン英会話」のススメ

chapter4 英語力を最短で伸ばす「フィリピン留学」のススメ

 

36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました

普通の会社員がオンライン英会話を使い、英語で仕事ができるようになるまでが分かる本です。

 

英語の習得にはオンライン英会話が自分の好きな時間に英語ができる先生と話せてよいので効果的であるとよく聞きますが、それをやるまでのハードルがどれだけ高いのか、どれだけの期間でどれだけの量を学習すれば話せるようになるのかが分かります。

 

<英語がある程度分かる人向け>

 

日本人のための一発で通じる英語発音

日本人の英語はカタカナ発音が多い。

 

その発音をビジネスや日常生活で使われるとひどい英語で嫌がられるらしい。

 

嫌がられないためには正しい英語の発音を学ぶ必要があります。

 

ただし、英語を勉強していて思うのは、何でこのスペルでこの発音なんだ!です。

 

発音に関する問題を解決するのに著者いわく、フォニックスがいいようです。

 

ネイティブの子ども達は幼稚園や小学1年生でこのフォニックスを必ず学習しています。発音を学ぶ上で、いや、英語を学ぶ上で、絶対に学ぶべきルールといってもいいのですが、なぜか日本では教えられてきませんでした。

 

とのことです。

 

ちなみに、英語の勉強はまずは発音を覚えるのが最も効率がいいとのことです。

 

正しい発音で話す(スピーキング)ことができるようになると、聞き取り(リスニング)ができるようになるそうです。

日本人のための 一発で通じる英語発音

日本人のための 一発で通じる英語発音

  • 作者:松井 博
  • 発売日: 2019/04/11
  • メディア: Kindle版
 

目次

Chapter1 日本語と英語の構造的な違い

Chapter2 学習のときに気をつける10のポイント

Chapter3 発音の原理

Chapter4 短母音~英単語の最も基本的な構成を知る~

Chapter5 子音

Chapter6 長母音~名前読みをマスターする~

Chapter7 アクセントとあいまい母音

Chapter8 母音が2つ並んでいるとき

Chapter9 R性母音

Chapter10 消える音、変わる音

Chapter11 つなげる音

Lecture 実際に声を出してみよう!

 

<企業文化>

 

英語が楽天を変えた

楽天の三木谷社長が2010年3月に発表した社内公用語英語化

 

社会人なら誰でも衝撃を受けました。

 

業務時間内で勉強できてうらやましいと思った反面、大変そうという感情もありました。

 

そんな楽天による社内に英語を浸透させるまでの苦労と、浸透したことによる効果が分かる1冊です。

 

日本の大企業によるこういったチャレンジはこれまでにないことなので、ここで得た教訓は日本社会的にも世界的にも貴重なものになります。

英語が楽天を変えた

英語が楽天を変えた

 

目次

第1章 社内公用語英語化の発令ーENGLISHNIZATION(イングリッシュナイゼーション)

第2章 公用語英語化においてリーダーシップを発揮する

第3章 言語的疎外者ー「限られた範囲のみの英語力」しか身につかないジレンマ

第4章 文化的疎外者ー英語を隠れ蓑に異国の文化が襲来する「トロイの木馬」現象

第5章 二重疎外者ー英語化の必要性を肌で感じていたグローバル志向の持ち主

第6章 英語化発令からの五年間の変化

第7章 トップリーダー、マネジャー、一般社員への教訓

第8章 おわりに

 

<その他>

 

英単語の語源図鑑

社会の年号のゴロ(1192(イイクニ)?1185(イイハコ)?作ろう鎌倉幕府)や、理科の元素の周期表(スイヘーリーベ(水素・ヘリウム・リチウム・ベリリウム))のゴロなど関連付けて覚えることが多いです。

 

英単語も同じことが言えます。単独で1つ1つバラバラに覚えるのは限界があります。

 

そのため、共通性を見つけて関連づけて覚えるのが効果的です。

 

この本は共通性をイメージで分かりやすくしているので、好奇心がわいて、覚えやすくなっています。

 

例えば、ad+?、com+?、ex+?など先頭の語句に意味があるし、?にも意味があるのでそれぞれを意味を混ぜると、その単語の意味になります。

英単語の語源図鑑

英単語の語源図鑑

 

目次

Chapter1 ad-(~方へ、~の方を)

Chapter2 con-, com-, co-(共に)

Chapter3 de-(離れて、下に)

Chapter4 sub-(下に)

Chapter5 sur-, super-(上に、超えて)

Chapter6 ex-(外に)

Chapter7 pro-, pre-, for-(前に、前で)

Chapter8 re-(再び、元に、後ろに)

Chapter9 in-, im-, en-(中に、上に)

Chapter10 ab-, dis-, se-(分離・否定・反対)

Chapter11 un-, im-, in-, a-(否定)

Chapter12 mono-, uni-, bi-, du-, tri-, multi-(数)

 

英語の多動力: 世界でビジネスするホリエモンの英語術

堀江貴文さんによる英語術の本です。

 

彼のメルマガを受け取っている方は知っていると思うが、近況報告を読むと本当に毎日移動している。

 

それは日本に限った話ではなく、世界中だ。そのため、必然的に英語が必要になる。

 

そんな彼が考える英語の未来、勉強のモチベーション、学びを自動化する方法が書かれている1冊です。

英語の多動力: 世界でビジネスするホリエモンの英語術
 

目次

第1章 英語と未来

第2章 ワクワクする勉強だけでいい

第3章 他人に流されるな、自分を見ろ

第4章 学びを自動化するコツ

 

海外ドラマはたった350の単語でできている

著者は、仕事の関係でアメリカに2年間滞在することになりましたが、1年たっても全然聞き取れないし、話せませんでした。そこで彼の友人にアドバイスをもらったところ、海外ドラマがいいということで見まくりました。

 

そこで気付いたのは、

 

・字幕に表示されているセリフのほとんどは、どう見ても中学校で習うような、やさしい英単語ばかりでできていた

・「I think(僕はこう思う)」や「I hope(だといいなあ)」のような、自分の考えや気持ちを語る表現が何度もこれでもかというぐらいに使われている

 

ということでした。

 

その気付きから海外ドラマを分析して、日本人にとって最適な勉強法にまとめたのが本書になります。

目次

Chapter1 本当に必要な英単語は350個!?

Chapter2 正しい英会話学習法目指すべきゴールとは?

Chapter3 短期間でスピーキング力をレベルアップ!

Chapter4 100%リスニングを身につける方法

特別付録 練習問題

 

旅が100倍楽しくなる英会話

旅行でよく使われる英会話文章がまとまっています。

 

こちらはアプリも出ているので、アプリの方をおすすめします。アプリをおすすめする理由は、英会話文章に音声もあるので、その音声で相手に伝えることができると考えているからです。

 

ちなみに著者である吉田ちかさんのyoutubeチャンネル「バイリンガール英会話」は140万人の登録(2019年7月)と人気があり、字幕に日本語と英語両方出てくるので、英会話の勉強におすすめです。

HELP me TRAVEL 旅が100倍楽しくなる英会話

HELP me TRAVEL 旅が100倍楽しくなる英会話

  • 作者:吉田 ちか
  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: Kindle版
 

目次

Airport(空港・機内)

Taxi(タクシー)

Bus&Train(バス・電車)

Hotel(ホテル)

Restaurant(レストラン)

Caf´e&Bar(カフェ・バー)

Shopping(ショッピング)

Sightseeing(観光)

Problems(トラブル)

 

関連記事

東大生の効率的な勉強法まとめ|受験対策におすすめ本10冊

頭がいい子の育て方まとめ|親が何をするべきか分かるおすすめ本10冊

全国の有名中学校・高校・塾の教育法・先生まとめ|おすすめ本14冊