神様のサインの受け取り方|僕のアニキは神様とお話ができます

タイトル(本)

「僕のアニキは神様とお話ができます」著者:龍&アニキ

 

概要

人気ブログだった「僕のアニキは神様とお話ができます」の神様への質問と回答を厳選してのせた本になります。著者は、僕である「龍」とそのアニキ。アニキには小学4年生ぐらいから頭に中にいろいろな声が聞こえ、いろいろな神様と会話してきましたが、数年前に圧倒的に素晴らしい神様と話せるようになったそうです。そんな神様がいろいろなことに答えてくれてます。個人的には、神様への50問50答という企画が面白いです。何個か質問の例を上げます。

・神様の好きな女性のタイプは?

・普段は何して過ごしているのか?

・神様は恋人がいるか?

・宇宙人はいるか?

・神様にも大人や子どもがあるのか?

 

ポイント

・スタートがあり、選択肢がある。あみだくじでいう、横の線です。皆、どちらかを選択せざるをえない。そうして、人生を進んでいく。自分が決めた選択の結果に、ときには狂喜し、ときには後悔をしながら。でもね、 長い目で見れば、どの選択も正解なのです。だって、最後に 辿り着く結果はひとつですから。

 

自分が決めた選択に間違いはないということはよく言われています。短期的に大失敗だったとしても、長期的に見れば、その時の失敗や経験が役に立ったということはよくあります。そのため、長い目で見れば、どの選択も正解というのは、しっくりきます。

 

・セオリーとは「根っこ」なのです。自分の根っこを作った人間が伸びるのです。最初は誰かの 真似 から始めてもいいけど、いつか、自分にしかできない役割を見つけ、それを根っことする。そうすれば、限界なく伸びていけますからね。

 

神様の言葉に、セオリーとは「根っこ」という言葉がありますが、自分としは「軸」に置き換えるとしっくりきました。世の中で成功している人を見ると、この「軸」がきちんとあるように見えます。「軸」がないので、人の意見に心が揺れたり、判断が毎回異なったりしてしまいます。「根っこ」を作ることの大切さが分かります。

 

目次

僕のアニキは神様とお話ができます

僕のアニキは神様とお話ができます

 

1 章   神様に、「あの世」と 「この世」のことを聞いてみました

2 章   神様からのサインを 受け取る方法

3 章   人生がうまくいく 「感動」の法則

4 章   どん底から 抜け出す法則

5 章   人を愛する、 自分を愛する法則

 

関連書籍

「サイン2 神さまがくれた、幸せの羅針盤」著者:龍&アニキ

龍&アニキの本の第2段になります。宇宙・地球・直物の起源や親子関係について語られてますが、またしても、神様への100問100答という企画がありましたので何個か例を上げます。

・神様が今までで一番苦労したことは?

・神様になってから人間界でいうと何年たったか?

・家族・兄弟はいますか?

・神様もいつか死ぬんですか?

・神様はどこから生まれたのか?

サイン2 神さまがくれた、幸せの羅針盤

サイン2 神さまがくれた、幸せの羅針盤

  • 作者:龍&アニキ
  • 発売日: 2010/03/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

「サイン3 前世が導く、現世を生きる道」著者:龍&アニキ

龍&アニキの本の第3弾になります。宝探しがメインです。ここでいう宝探しとは前世で自分が残してきたものを、神様のナビゲートで探すことをいいます。

サイン3 前世が導く、現世を生きる道

サイン3 前世が導く、現世を生きる道

 

 

関連記事

桜井識子「スピリチュアルな神社仏閣巡り」発売日順(読む順番)まとめ

スピリチュアル・宇宙人のおすすめ記事まとめ