妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】自転車に興味がない人もハマるツール・ド・フランスの魅力。世界最高のロードレース。

タイトル

「ツール・ド・フランス」著者:山口和幸

概要

FIFAワールドカップ、オリンピックと並び、世界3大スポーツイベントと称される、世界最大の自転車レースであるツール・ド・フランス。毎年7月に23日間の日程でフランス一周する。距離にして3300km前後、高低差2000m以上という起伏に富んだコースとなっている。1ステージあたり平均200km、平均速度40km超、1日4~5時間走りっぱなしの競技である。YouTubeでもその様子が見れるが、どこへ行っても沿道でたくさんの人が興奮して盛り上がって応援している。そんなツール・ド・フランスはどういった競技なのか、ツール・ド・フランスの各地点での過去の英雄たちの激闘、ツール・ド・フランスの魅力が書かれてます。この本を読んだ後、ツール・ド・フランスのドキュメンタリー映画見て、ツール・ド・フランスのYouTube見て、自転車マンガを読んだら、ものすごく自転車やってみたいという気持ちになりました。特に面白いと思ったYouTube動画は、「【自足90km】フルームのクラウチングダウンヒル」の命知らずな山の下り方と、「カンチェラーラ 激坂アタック 速すぎてカメラ追えず」の最大斜度19.8%の上り坂での圧倒的過ぎる強さです。ちなみに、「ツール」とは1周するという意味なので、ツール・ド・フランスは直訳するとフランス1周になります。

目次 

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)

  • 作者: 山口和幸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/28
  •  
  • Amazon  楽天 
 

プロローグ 自転車ロードレースとは何か
第1ステージ フランスの英雄とアメリカの開拓者(ベルナール・イノー、ローラン・フィニョン、そしてグレッグ・レモン)
第2ステージ ツール・ド・フランス5勝クラブ(ジャック・アンクティル、エディ・メルクス、ミゲール・インデュライン)
第3ステージ 黎明期からビッグイベントになるまで
第4ステージ 偽りの王者に戦いを挑んだライバルたちの悲運(マルコ・パンターニ、リシャール・ビランク、ヤン・ウルリッヒ)
第5ステージ カミカゼ・ジャポネ!(今中大介、別府史之、そして新城幸也)
エピローグ はるかなるツール・ド・フランス

 

<おすすめ動画>

ちなみに、私が見たドキュメンタリー映画は「ツール・ド・フランス 伝説のレース」です。

  

関連書籍

【「弱虫ペダル」著者:渡辺航】

気弱でアニメが好きな高校生の小野田坂道が自転車競技部に入部し、インターハイで競合たちに挑む話です。激熱です。2019年10月現在ではコミックが63巻まで出ており、大きなシリーズが2つ終わったところなので読み始めるならちょうどいいところかと思います。

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 渡辺航
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2012/12/19
  •  
  • Amazon  楽天 
 

アニメにもなってます。タイトルがいろいろ分かれてますが物語はつながってます。

 

【「Over Drive」著者:安田剛士】

気弱な高校生の篠崎ミコトが片思い中の人に自転車部に勧誘されて入部する。そこから始まる熱い自転車ロードレースマンガです。

Over Drive(1) (週刊少年マガジンコミックス)

Over Drive(1) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者: 安田剛士
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/04/15
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

<おすすめ商品>