妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】南極の海で座礁して1人も死なせず17ヶ月間漂流生活を送り、脱出して生還する方法

タイトル

「エンデュアランス ──史上最強のリーダー シャクルトンとその仲間はいかにして生還したか」著者:アルフレッド・ランシング

 

概要

1914年に探検家シャクルトンがエンデュアランス号で南極大陸横断を目指したが、その途中、船は氷に押し潰され、17ヶ月におよぶ漂流生活を送る。食料不足・極寒・疲労・病気・怪我といった過酷な試練を乗り越え、28人全員奇跡的に生還を果たす。生存した隊員の全員にインタビューして、出来上がったノンフィクション本です。シャクルトン含めた28人の隊員が、南極で17ヶ月間どういう生活を送り、どのように脱出したのかが分かります。普通、その年代に南極で船が壊れたら、確実に死を意識しますが、極限状態でどのように精神を維持していったのかといったリーダーシップに注目です。

 

目次

エンデュアランス ──史上最強のリーダー シャクルトンとその仲間はいかにして生還したか

エンデュアランス ──史上最強のリーダー シャクルトンとその仲間はいかにして生還したか

  • 作者: アルフレッド・ランシング
  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • 発売日: 2014/08/01
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1部~第7部

 

関連書籍

【「米海軍で屈指の潜水艦艦長による「最強組織」の作り方」著者:L・デビッド・マルケ】

リーダーシップで有名な話に、原子力潜水艦サンタフェのマルケ艦長のリーダーシップがあります。アメリカ海軍の中で原子力潜水艦サンタフェはダメな艦で有名で、乗組員も戦力外ばかりでした。それが1年間のリーダーシップで戦力外の134人をトップチームに浮上させました。この本では、サンタフェの改革に実際に使われた仕組みが具体的に紹介されており、彼らが何を導入し、それに対し乗組員はどのような反応を見せ、どのように成熟していったかが分かります。この艦長のリーダーシップは「リーダーが部下に命じる」と真逆の「リーダーが部下に委ねる」です。権限を付与するリーダーシップはよく聞きますがうまく機能しないといったことはよく聞きます。この本では、あらゆる組織で使える「リーダーが部下に委ねる」リーダーシップの参考になると思います。「7つの習慣」でおなじみのスティーブン・R・コヴィーも賞賛しているようです。

米海軍で屈指の潜水艦艦長による「最強組織」の作り方

米海軍で屈指の潜水艦艦長による「最強組織」の作り方

  • 作者: L・デビッド・マルケ
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/07/01
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

【「青春を山に賭けて」著者:上村直己】

山登りをはじめて10年で世界五大陸の最高峰を全部登ってしまった冒険家の植村直己さんが、どのように山登りと出会い、世界五大陸の最高峰を制覇していったかが分かる本です。世界五大陸の最高峰とは、ヨーロッパのモンブラン、アフリカのキリマンジャロ、南アメリカのアコンカグア、アジアのチョモランマ(エベレスト)、北アメリカのマッキンレー山(デナリ)です。

青春を山に賭けて

青春を山に賭けて

  • 作者: 植村直己
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/09/20
  •  
  • Amazon  楽天