妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】個人的におすすめするリアルタイムベスト10冊。読後の満足感が高く、読み応えがあった本。

これまで読んだ本の中からリアルタイムでおすすめする10冊を選びました。ミステリー・サスペンス・日本文学といった小説も含めると多くなってしまうので一旦対象外にしました。

目次

(1)「太陽を創った少年 僕はガレージの物理学者」著者:トム・クラインズ
(2)「24人のビリー・ミリガン」著者:ダニエル・キイス
(3)「日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争」著者:井上和彦
(4)「24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!」著者:デビッド・リット
(5)「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」著者:門田隆将
(6)「ゼロからトースターを作ってみた結果」著者:トーマス・トウェイツ
(7)「フェルマーの最終定理」著者:サイモン・シン
(8)「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」著者:木藤亜也
(9)「きみは赤ちゃん」著者:川上未映子
(10)「エンデュアランス ──史上最強のリーダー シャクルトンとその仲間はいかにして生還したか」著者:アルフレッド・ランシング

 

(1)「太陽を創った少年 僕はガレージの物理学者」著者:トム・クラインズ

彼の名前はテイラー・ウィルソン。TED2012でトークした「うん、核融合炉を作ったよ」で有名です。まずは、9歳ごろ、宇宙飛行士を目指す中でロケットを作っていました。10歳ごろ、「放射能ボーイスカウト」(※)という本を買ってもらい、放射線ボーイスカウトを目指します。その後、原子核科学にのめり込み、11歳で核融合炉を作り始め、14歳で核融合に成功しました。14歳で科学イベントとしては世界最大の規模を誇るインテル国際学生科学技術フェア(ISEF)に核融合炉を出展し、物理学・天文学部門で4位、真空技術部門で2位となりました。TEDで2012年で核融合を語り、2013年には核分裂の再発明を語り、聴衆の度肝をぬきました。そんな少年の生い立ちが分かる1冊となっています。

※「放射能ボーイスカウト」とは、デイヴィッド・ハーンという少年が自家製の原子炉を作って、最終的には防護服を来た放射線除去チームに回収された話。

太陽を創った少年 僕はガレージの物理学者 (早川書房)

太陽を創った少年 僕はガレージの物理学者 (早川書房)

  • 作者: トムクラインズ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/05/31
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 第1部~第5部

 

(2)「24人のビリー・ミリガン」著者:ダニエル・キイス

重罪を犯したにもかかわらず、多重人格を理由に精神病で無罪になったビリー・ミリガンのほぼ実話です。彼の精神鑑定の結果はテレビでも放映され、世間の注目の的となりました。そんな彼が持っている人格は、子どもから大人まで歳も名前も違う24人の人格です。そんな彼の人生の中でそれぞれの人格ができあがる経緯や、作家や精神科医の助けをもとに24人に分裂した人格を1つに統合する過程が分かる1冊になります。1人の人間が1人の中にいる24人の人間と同時にコミュニケーションをとるということがどういうことなのか、別の人格が出ている間に他の人格は何をしているのか、普通に生活している人には絶対分からない世界がここにあります。 

24人のビリー・ミリガン〔新版〕 上 (ハヤカワ文庫NF)

24人のビリー・ミリガン〔新版〕 上 (ハヤカワ文庫NF)

  • 作者: ダニエルキイス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/01/31
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第一部 混乱の時期
第二部 〈教師〉の誕生

24人のビリー・ミリガン〔新版〕 下 (ハヤカワ文庫NF)

24人のビリー・ミリガン〔新版〕 下 (ハヤカワ文庫NF)

  • 作者: ダニエルキイス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/01/31
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第二部 〈教師〉の誕生(承前)
第三部 狂気の彼方

 

(3)「日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争」著者:井上和彦

学校の教科書や教育により、大東亜戦争(太平洋戦争)は日本が悪いイメージがあります。ただし、別の見方もあり、当時、多くのアジアの人々は日本軍を大歓迎し、とりわけ欧米列強の植民地支配に苦しめられてきた東南アジアの人々は次々と打倒していく日本軍の姿に拍手喝采だったという話もあります。その結果、多くのアジアの植民地は独立することになり、戦後も日本の偉業を称え、感謝されているらしいです。確かに、戦争前後のアジアの植民地の状況を見ると欧米列強の支配がほとんどなくなってます。この本では、各国において、当時日本はどういうことをして、どういったことで感謝されるようになったのかが書かれています。当時の日本人の圧倒的強さと強靭な武士道精神と日本人の道徳レベルの高さが分かります。

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争

  • 作者: 井上和彦
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2015/04/03
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1章 【インド】独立戦争を共に戦ってくれて感謝しています
第2章 【フィリピン】白人への最後の抵抗と勇気を敬っています
第3章 【パラオ】打電「サクラ・サクラ」は武勇の象徴です
第4章 【台湾】「大和魂を持っていた」と胸を張っています
第5章 【マレーシア】アジアは英米と対等だと奮い立たせてくれました

 

(4)「24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!」著者:デビッド・リット

史上最年少でオバマ大統領のジョーク担当スピーチライターに選ばれた男の実話です。この本を読んで、初めて大統領の読んでいる文章は大統領自身だけで考えているわけではないということが分かりました。各国の政治・経済に影響を与えるスピーチを考えるという作業は大変な責任があると思いますが、その中でもジョーク担当というのは1回でもミスすると致命的になりかねない国へのダメージを与えるのでプレッシャーがすごいと思います。そんなオバマ大統領のスピーチライターとして過ごした日々を面白おかしく語っている本です。ニューヨークタイムズベストセラーやエスクァイア誌ブックオブザイヤーにも輝いています。

24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

  • 作者: デビッド・リット
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/05/25
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1部 オバマ・ボット 
第2部 私たちが歴史に占める(ささやかな)場所

 

(5)「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」著者:門田隆将

東日本大震災の時、福島第一原発で何が起きていたか、ニュースで断片しか聞いていないです。この本では、福島第一原発で当時何が起きていたかこと細やかなに書かれている。日本国民の命がかかっているかもしれない現場で、各自の判断がどう結果に結びついたか、真実が分かる1冊になります。

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

  • 作者: 門田隆将
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/03/11
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第01章 激震
第02章 大津波の襲来
第03章 緊迫の訓示
第04章 突入
第05章 避難する地元民
第06章 緊迫のテレビ会議
第07章 現地対策本部
第08章 「俺が行く」
第09章 われを忘れた官邸
第10章 やって来た自衛隊
第11章 原子炉建屋への突入
第12章 「頼む!残ってくれ」
第13章 一号機、爆発
第14章 行方不明四十名!
第15章 一緒に「死ぬ」人間とは
第16章 官邸の驚愕と怒り
第17章 死に装束
第18章 協力企業の闘い
第19章 決死の自衛隊
第20章 家族
第21章 七千羽の折鶴
第22章 運命を背負った男

 

(6)「ゼロからトースターを作ってみた結果」著者:トーマス・トウェイツ

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館が購入し、パーマネント・コレクションに追加されたトースターがあります。ちなみに、ヴィクトリア&アルバートとはヴィクトリア女王(1819年 - 1901年)と夫アルバート公(1819年 - 1861年)を指しており、パーマネント・コレクションとは永久収蔵品を指しています。つまり、由緒正しき博物館がトースターを永久に保存すると言っています。そのトースターとはどのようなものか?それは部品を集めてきてトースターを作るのではなく、部品の元である原材料を自分で調達するところからはじめて、トースターを作ったものです。彼が大学院の卒業制作としておこなった「トースター・プロジェクト」として話題にもなりました。そんなトースターができるまでを追ったドキュメント本です。

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

  • 作者: トーマストウェイツ,Thomas Thwaites,村井理子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/09/27
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1章 解体
第2章 鉄
第3章 マイカ
第4章 プラスチック
第5章 銅
第6章 ニッケル
第7章 組み立て 

 

(7)「フェルマーの最終定理」著者:サイモン・シン

フェルマーの最終定理とは17世紀フランスの数学者ピエール・ド・フェルマーの死後、360年間にわたって誰も証明できなかった定理のことです。その定理とは、「3以上の自然数nについて、x^n+y^n=z^nとなる自然数の組(x,y,z)は存在しない」です。フェルマー自身はそれを証明できると考えており、ノートにメモを残しました。そのメモの内容が「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」でした。このメモが360年間数学者を苦しました。ただし、1995年にアンドリュー・ワイルズが証明して、やっと終止符が打たれました。この本は、ワイルズが10歳のころからフェルマーの最終定理を証明するまでのドキュメンタリーとなっています。数学に関するドキュメンタリー本では一番面白いです。 

フェルマーの最終定理(新潮文庫)

フェルマーの最終定理(新潮文庫)

  • 作者: サイモン・シン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/12/23
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1章 「ここで終わりにしたいと思います」
第2章 謎をかける人
第3章 数学の恥
第4章 抽象のなかへ
第5章 背理法
第6章 秘密の計算
第6章 小さな問題点
第7章 数学の大統一

 

(8)「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」著者:木藤亜也

難病である「脊髄小脳変性症」にかかった木藤亜也さんの14歳~21歳までの日記を本にまとめたものです。「脊髄小脳変性症」は、病気のはじめは、体がふらつき、時間が経つとふらつきが激しくなり、歩く時に支えが必要になり、一人で立つこともできなくなる。話すのもだんだん発音があいまいになり、リズムがくずれて何を言っているかわからなくなる。手や指も思い通り動かせず、字を書くことも難しくなる。最終的には1日中ベッドで上で寝たままという状態に追い込まれ、5~10年で亡くなる。原因が分からないので、当時から現在にかけても治療法もない。木藤亜也の場合は25歳10ヶ月で亡くなりました。そんな彼女が懸命に生きた証がこの本には書かれてます。健康体だった体が徐々に思い通りに動かなくなっていく時に人はどう思うのか、この状態で生きるということに対してどういう気持ちになるのかが分かります。「病気は、どうしてわたしを選んだのだろう。」この言葉が胸に刺さります。

1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記

1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記

  • 作者: 木藤亜也
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/08/30
  •  
  • Amazon  楽天 
 

14歳 わたしの家族
15歳 忍びよる病魔
16歳 苦悩の始まり
17歳 もう、歌えない
18歳 本当のことを知って
19歳 もうダメかも知れない
20歳 病気に負けたくない
21歳 生命ある限り
病と闘い続けた亜也へ

 

(9)「きみは赤ちゃん」著者:川上未映子

「乳と卵」で2008年芥川龍之介賞受賞した川上未映子さんの「きみは赤ちゃん」になります。著者が妊娠してから、赤ちゃんが1歳になるまでの生活を日記風に語った本です。有名作家がものすごいコミカルにノリノリに赤ちゃんの妊娠・出産・育児の記録をつけています。この期間に女性はどういうことを体験するのか、この期間に女性はどういう気持ちでいるのか、妊婦の苦労や赤ちゃんを育てることの苦労を知りたい方におすすめです。

きみは赤ちゃん (文春文庫)

きみは赤ちゃん (文春文庫)

  • 作者: 川上未映子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/05/19
  •  
  • Amazon  楽天 
 

出産編 できたら、こうなった!
産後編 産んだら、こうなった!

 

(10)「エンデュアランス ──史上最強のリーダー シャクルトンとその仲間はいかにして生還したか」著者:アルフレッド・ランシング

1914年に探検家シャクルトンがエンデュアランス号で南極大陸横断を目指したが、その途中、船は氷に押し潰され、17ヶ月におよぶ漂流生活を送る。食料不足・極寒・疲労・病気・怪我といった過酷な試練を乗り越え、28人全員奇跡的に生還を果たす。生存した隊員の全員にインタビューして、出来上がったノンフィクション本です。シャクルトン含めた28人の隊員が、南極で17ヶ月間どういう生活を送り、どのように脱出したのかが分かります。

エンデュアランス ──史上最強のリーダー シャクルトンとその仲間はいかにして生還したか

エンデュアランス ──史上最強のリーダー シャクルトンとその仲間はいかにして生還したか

  • 作者: アルフレッド・ランシング
  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • 発売日: 2014/08/01
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1部~第7部