妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】フリマアプリ「メルカリ(mercari)」の誕生経緯・急成長の要因・成功理由が分かる

タイトル

「メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間」著者:奥平和行

 

概要

スマホを使って個人が物を売買するフリマアプリの市場をわずか5年で築き、企業価値の評価額が10億ドル(約1100億円)になるユニコーン企業を育てた「メルカリ」。ダウンロード数は上場直前で7100万ダウンロードとざっくり日本国民の半分は使っている計算となり、特に若い女性たちに大人気である。そんなメルカリがどのように誕生し、どういう試行錯誤の中で成長し、現在までの成功にいたったかが分かる本になります。本で紹介されているメルカリ社内の人物を見ると、「ウノウ」創業者、ミクシィ(mixi)のCFO、グリー(GREE)のCFO、米フェイスブック(Facebook)のバイスプレジデントなど、経歴がすごいメンバーが多く、どのように関わっていったかが分かります。

 

目次

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

  • 作者: 奥平和行
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2018/11/22
  •  
  • Amazon  楽天 
 

1 誤算
2 再起動
3 唯一無二
4 急げ!
5 焦る理由
6 逆転
7 求心力
8 アメリカ
9 青いメルカリ
10 成長痛
11 テックカンパニー
12 プラットフォーム

 

関連書籍

【「楽天流」著者:三木谷浩史】

著者の三木谷浩史さんは楽天の社長です。阪神・淡路大震災でたくさんの遺体を目にして、自分もいつか必ず死ぬことを意識し、一度きりの人生を思いきり生きなければならない、いつかではなく、今すぐやりたいことをすべきということで立ち上げたのが「楽天市場」。そんな三木谷さんが、多くのルールを書き換えて、その結果、「楽天」のビジネスがどのように変わっていったかが分かります。社内公用語英語化の全過程、M&Aの考え方、楽天の成長の仕方、東北楽天ゴールデンイーグルスの挑戦といったことに触れています。

楽天流

楽天流

  • 作者: 三木谷浩史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/10/10
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

【「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ」著者:宇田川まなみ】

 メルカリセミナーを開催する著者による、マル秘テクニック、すぐ売れる商品、出品のコツを紹介しています。 

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ

  • 作者: 宇田川まなみ
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2017/08/29
  •  
  • Amazon  楽天