妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】LINEやNAVERまとめの経営の実態やLINEの開発秘話が分かる

タイトル

「韓流経営 LINE」著者:NewsPicks取材班

 

概要

今や国民的メッセージアプリになっているLINE。以下のことが分かりますので、LINEを深く知りたい人には参考になる本です。
・東日本大震災をきっかけに1ヶ月半で作り上げたLINEがどのような経緯でできたか、なぜ短期間で開発することができたか
・LINEは誰が本当の経営者か、どこが本当の本社かという疑問をきっかけに調査していくと、韓国最大のIT企業のネイバーという会社に行きつくことになり、LINEとどのような関係があるか
・LINEオリジナルの公式キャラクターを考案し、描いている韓国人イラストレーターのカン・ビョンモク(通称mogi)はどのような人で、どのようにスタンプが決定したか
・堀江貴文さん(ホリエモン)が語るLINE
・LINEのアイコンはなぜ緑色なのか

 

目次

韓流経営 LINE (扶桑社BOOKS新書)

韓流経営 LINE (扶桑社BOOKS新書)

  • 作者: NewsPicks取材班
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2016/07/02
  •  
  • Amazon  楽天 
 

プロローグ 上場前夜、韓国人トップが語った言葉
第1章 LINEを司る謎に満ちた男
第2章 海の向こうにあるもう一つの本社
第3章 開発秘話の「真」と「偽」
第4章 LINEに流れるライブドアの遺伝子
第5章 上場をめぐる、東証の本音
エピローグ なぜLINEは日本から生まれなかったのか?

 

関連書籍

【「シンプルに考える」著者:森川亮】

元LINEのCEO森川亮さんの仕事の流儀です。基本的には「本当に大切な1%に100%集中する」ための方法が書かれています。会社にとって一番大切なことはヒット商品をつくり続けることであり、そのためにはユーザのニーズにこたえる情熱と能力をもつ社員だけ集め、彼らが何ものにも縛られることなく、その能力を最大限に発揮できる環境をつくり出すための考え方が分かります。当時読んだ時は、目からウロコの内容ばかりで、こんなことを実践できている会社があるのだなと思いました。また、こちらでもLINEができた経緯を紹介してます。

シンプルに考える

シンプルに考える

  • 作者: 森川亮
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/05/29
  •  
  • Amazon  楽天 
 

【「基礎から学ぶ LINEクリエイターズスタンプ」著者:篠塚充】

LINEスタンプの作り方や販売方法が書かれています。

基礎から学ふ? LINEクリエイターズスタンプ

基礎から学ふ? LINEクリエイターズスタンプ

  • 作者: 篠塚充
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2019/08/09
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

 <関連商品>

LINE FRIENDS LINE MONITOR FIGURE ライン モニターフィギュア ブラウン ブラウン RFG-LF-BR

LINE FRIENDS LINE MONITOR FIGURE ライン モニターフィギュア ブラウン ブラウン RFG-LF-BR

  • 出版社/メーカー: ラインフレンズ(Line friends)
  • 発売日: 2019/07/25