妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】「トバログ」のカバンの中身と愛用品(おすすめ最新ガジェット)。高城剛のLIFEPACKINGに通じる本。

タイトル

「What’s in mybag? 〜『トバログ』のカバンの中身と愛用品〜」著者:鳥羽恒彰

 

概要

物欲を刺激するガジェット系ブログ「トバログ」を運営している鳥羽恒彰さんのカバンの中身と愛用品(ガジェット)が紹介された本です。著者は「カバンの中身」が昔から好きであり、他人のカバンの中身やモノ選びの基準が気になる人です。ただし、そういった人は結構多いのではないでしょうか。この本では以下の日常シーンの時に著者がどういうものを持っていくかとその理由が書かれており、ガジェット好きや他人のカバンの中身が気になる人にはたまらない1冊となっています。
・ちょっとそこまで、ポケットの中身:6商品
・お気に入りのカフェとカバンの中身:17商品
・1日外で仕事するときのカバンの中身:9商品
・1ヶ月以上滞在する旅行カバンの中身:43商品

 

目次

CHAPTER1 ポケットの中身
CHAPTER1 カフェとカバン
CHAPTER1 仕事カバンの中身
CHAPTER1 旅行カバンの中身

 

関連書籍

【「LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」著者:高城剛】

世界中を飛び回る高城剛さんの持ち物を紹介した本です。高城剛さんが10年以上前に世界最大の消費タウン「東京」をやめ、モノが溢れる生活を脱却するために、自分の持ち物の90%以上(ダンボール1000箱)を処分し、さらに2年かけて9%を処分し、残りの1%をさらに絞ったものが本書になります。2016年出版なので、現在はさらに進化していると思いますが、紹介された当時のものでも参考になるものがたくさんあります。ミニマリストの持ち物の観点で参考になると思います。

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵
 

 

おすすめ商品

私も人のカバンの中身や持ち物が気になる人なので、上記で紹介したものや他の著名人やミニマリストの方の持ち物をネットで検索してみてますが、個人的に持っている・気になる商品を紹介していきます。

 

吉田カバン PORTER TANKER リュックサック

高城剛さんの本「LIFE PACKING2.1」を読んで、買いました。高城剛さんは当時この10リットルのリュックに半月分の着替えを入れて、世界一周していたそうです。私が買った理由は、肩への負荷の軽減のためです。当時、私は吉田カバンの収納量を変えられるショルダーバックを使ってました。旅行時もそのバッグに荷物を全部入れて移動していましたが、着替えとか入れて重くなっている状態で1日中歩いていると、肩への負荷が大きく、肌も赤くなってしんどかったです。そのため、肩への負荷を下げるために負荷のバランスが取れるリュックに変えました。買った当初は、全然ピンと来ませんでしたが、使い続けるうちに圧倒的に移動がしやすいことに気付きました。カバンの重量が440gと圧倒的に軽いからだと思います。他のリュックだともう少し重いのではないかと思います。用途によりますが、個人的に旅行でも使うなら、10リットルではなく19リットルを買った方がいいと思います。私は10リットルを買いましたが、荷物は最低限にしているはずですが、パッキング技術があまいのか、結構ぱつぱつできつきつですので、少しスペースに余裕を見たい方は19リットルをおすすめします。衣類とかいれず日々の移動時の荷物入れにしか使用しないのであれば10リットルで全然問題ないと思います。

 

【ブラウン メンズシェーバー モバイルシェーブ(携帯型)】

高城剛さんの本「LIFE PACKING2.1」で紹介されており、買いました。鳥羽恒彰さんの本「What’s in mybag?」でも紹介されていました。男性は髭剃りする時は電気シェーバーかカミソリを使うと思いますが、私は電気シェーバーでした。旅行時も日常使いの電気シェーバーを持って行ってましたが、荷物に入れると以外と大きい・重いと感じてました。そのため、旅行用のためだけに、サイズがコンパクトで電池で動くこちらの商品を買いました。個人的な理想は、ひげ脱毛です。そもそも持ち歩かなくて済むし、毎日ひげ剃りにかかる時間も節約ができると考えてます。

ブラウン モバイルメンズ電気シェーバー M-90 水洗い可

ブラウン モバイルメンズ電気シェーバー M-90 水洗い可

 

 

【毛穴撫子 重曹つるつる石鹸】

高城剛さんの本「LIFE PACKING2.1」でも、鳥羽恒彰さんの本「What’s in mybag?」でも紹介されていましたので気になる商品です。高城剛さんの本では、熟練の職人が、気温・温度などを見極めながら1週間かけて丁寧に炊き上げた無添加せっけんで、はじめて使った時に、これまで嗅いだことのない強烈なにおいを発したということで気になってました。これを持ち運ぶ理由は、機内持ち込み液体物の容量はセキュリティ上シビアに定められているため、シャンプーを有意義に使うなら、体を洗う洗剤は固形物をあえて使うためだそうです。

毛穴撫子 重曹つるつる石鹸

毛穴撫子 重曹つるつる石鹸

 

 

【Clipa 2】

鳥羽恒彰さんの本「What’s in mybag?」で紹介されていました。バックをかけるハンガーフックになります。こういう道具があることは知っており、類似品を持っていますが使ったことはほとんどなかったのでどういうシチュエーションなら使うのかなと思っていました。今回、鳥羽恒彰さんの本で、東南アジアにありがちな床が水浸しの食堂や、油まみれのラーメン屋に入ることがあるとのことで、日本にばかりいる人には中々盲点な情報でした。

 

【BANDWIRE LIGHTNING ケーブル】

鳥羽恒彰さんの本「What’s in mybag?」で紹介されていました。持ち歩き用の充電ケーブルとして愛用しているそうです。リストバンドのようなミニマルなデザイン、コンパクトな持ち運びに優れているという特徴があります。

 

【海外用変換プラグ サスケ】

鳥羽恒彰さんの本「What’s in mybag?」で紹介されていました。他サイトでもこの商品がいいという紹介がありました。世界中の電源コンセントの形状に簡単に組み合わせて使えるものです。

 

イギリスSIM Three 30日/データ5GB/通話3000分・他約60地域 データ5GB コミコミパック +YM SIMピンセット(日本語オリジナルマニュアル付)

鳥羽恒彰さんの本「What’s in mybag?」で紹介されていました。1つの国での滞在では現地のSIMカードを調達するが、ヨーロッパなどの複数国を周遊する場合には、こちらの商品を購入しておくとのことです。Amazonの紹介文でも、30日間イギリス国内と71地域で利用可能と紹介されています。

 

【ズボンと靴】

こちらは考え方だけ知っていればものは何でもいいと思います。

<ズボン>

どの空港でも金属探知機でのチェックがあります。ベルトをしている人は金属がついていることが多いので、毎回外す人が多いと思いますが、金属でないベルトであれば、わざわざ外す必要がないということです。ベルトを外すのが煩わしい人はそういうズボンを履いた方が楽になります。

<靴>

空港のセキュリティチェックによっては、靴まで脱ぐ必要があります。履きやすく、脱ぎやすい靴として、ベルクロ(=マジックテープ)があります。