妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】TikTokは最強のSNS?検索時代が終わり、動画時代が始まる

タイトル

「TikTok 最強のSNSは中国から生まれる」著者:黄未来

 

概要

TikTokというモバイル向けショートビデオのプラットフォームがあります。簡単にいうと中国のバイトダンスという企業が運営する15~60秒のショートムービーを投稿・閲覧するSNSです。YouTubeと似ているサービスと言った方が理解いただけるかと思います。TikTokは2016年9月29日にリリース後、わずか2年後の2018年9月に全米のApp Storeで最もダウンロードされたアプリになり、現在では150ヵ国以上75カ国語以上で展開されているとのことです。日本人が持つイメージでは、女子高生が踊ったり、リップシンク(楽曲にあわせて口パク)しているアプリで、主に若者が使っている認識です。ただし、著者のイメージでは、Facebook・Twitter・Instagramなどを超える世界最強のSNSになる可能性があるサービスとのことです。

著者は中国籍ながら6歳から20年以上日本で過ごしており、歴代の主なSNSであるmaxi、MixChannel、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、Snapchatをリアルタイムで使用しています。その後、MBA留学のために中国の上海に渡り、中国で起きている「キャッシュレス革命」「動画革命」に触れます。そこで「動画革命」について、上海で街ゆく人の半分以上が動画を見ていること、屋台では調理風景をライブ配信していること、老若男女すべての人が動画を配信していることに衝撃を受けたようです。その動画の最前線に存在するのが、TikTok(中国ではDouyin(ドゥーイン)と呼ばれるサービス)です。

著者は、日本と中国の両方のバックボ―ンを持ち、全てのSNSに触れてきた視点を生かし、TikTok(Douyin)の魅力の秘密や動画革命の本質を紹介しています。ちなみに、通常、両方のバックボーンを持つ人は少ないです。なぜなら、中国には政府による情報統制システムの金盾(グレート・ファイアーウォール)があり、Facebook、Twitter、YouTube、Instagramが利用できないからです。

この本では以下の内容が分かります。
・TikTokがなぜ最強のSNSになり得るのか
・テキスト・画像から動画への長期トレンドに沿い、検索の時代が終わり、動画の未来の全容
・TikTokのレコメンド機能がGAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)やテンセント・アリババに勝る理由
・TikTokはYouTube・Instagram・Twitterとそれぞれ比べて何が優れているのか
・TikTokのマーケティングやインフルエンサー経済

 

目次

TikTok 最強のSNSは中国から生まれる

TikTok 最強のSNSは中国から生まれる

  • 作者: 黄未来
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2019/10/30
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1章 TikTokはなぜ「最強のSNS」になれるのか
第2章 TikTokは日本でどのように受け入れられているのか?
第3章 すべてのSNSと、世界を飲み込むTikTok
第4章 TikTokが中国のショートムービー市場を制するまで
第5章 TikTokで花開くインフルエンサー経済

 

関連書籍

【「テンセント――知られざる中国デジタル革命トップランナーの全貌」著者:呉 暁波】

中国のテンセントという企業は、時価総額世界8位で、WeChat(ウィーチャット)ユーザ11億人を持つ大企業です。この本では、中国のビル・ゲイツと呼ばれるCEOの馬化騰(ポニー・マー)を筆頭に1998年の創業から現在に至るまでの20年の歩みを描いたノンフィクション本です。有名なQQ、WeChat(ウィーチャット)といったサービスがどのように作られたかが分かります。

テンセント――知られざる中国デジタル革命トップランナーの全貌

テンセント――知られざる中国デジタル革命トップランナーの全貌

  • 作者: 呉 暁波
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2019/10/11
  •  
  • Amazon  楽天 
 

第1部 創業 1998~2004年
第1章 少年
第2章 試合開始
第3章 生死
第4章 モンターネット
第5章 QQショー
第6章 上場

第2部 出撃 2005~2009年
第7章 調整
第8章 MSNとの戦い
第9章 Qゾーン
第10章 金鉱
第11章 広告

第3部 巨頭 2010~2016年
第12章 ユーザー
第13章 転機
第14章 オープン化
第15章 ウィーチャット
第16章 若さ
第17章 インターネットプラス
第18章 アウト・オブ・コントロール

 

【「アリババ 世界最強のスマートビジネス」著者:ミン・ゾン】

アリババの前最高戦略顧問の著者による、アリババ設立以外の歩みが書かれており、先行して着手した新たな戦略的枠組みや、それが今後の世界にどのような意味を持つかが書かれている。

アリババ 世界最強のスマートビジネス貌

アリババ 世界最強のスマートビジネス

  • 作者: ミン・ゾン
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/10/30
  •  
  • Amazon  楽天 

第1部 アリババースマートビジネスの登場
第1章 「陰」と「陽」のビジネスモデル
第2章 「陽」としての「ネットワーク・コーディネーション」
第3章 「陰」としての「データインテリジェンス」

第2部 スマートビジネスの競争戦略
第4章 意思決定を自動化する
第5章 C2Bへ
第6章 「点」か「線」か「面」か

第2部 スマートビジネスの経営論・組織論
第7章 組織と戦略をセルフチューニング(自己調整)せよ
第8章 クリエイティビティのためのマネジメント革命
第9章 スマートビジネスの未来

 

関連記事

【【本】海外の有名な起業の歴史・創業者自伝まとめ(Google・Apple・Facebook・Amazon等)】

www.mousoutraveling.com