妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】落合陽一が考える2030年の世界地図帳。未来の状況や課題を推測し、SDGsの対策を考える。

タイトル

「2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望」著者:落合陽一

 

概要

現代の魔法使いと呼ばれるメディアアーティスト落合陽一さん(他にも肩書はいっぱいあります)による2030年の未来を考える本になります。この本では、2030年の日本、地球規模の新しい枠組みSDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))、SDGsとの付き合い方について、さまざまな統計情報や地政学をセットに書かれています。各章の冒頭に出てくる地図やグラフを見るだけでも、世界のあらゆる状況がどのように移り変わっていっているかが分かり、世界が抱える課題の気づきを得ることができて、勉強になるかと思います。特に、SDGsについては、目標は分かりますが、何を考え、何をしたらいいか、日本と何が関係するのかがピンとはこない人が多いと思いますが、なるべく自分のこととして置き換えられるようにいろいろ例をあげて書かれているので分かりやすいかと思います。また、安田洋祐さん(経済学者)や池上彰さん(ジャーナリスト)との対談も収録されています。

目次

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

  • 作者: 落合陽一
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2019/11/01
  •  
  • Amazon   楽天 
 

第1章 2030年の未来と4つのデジタル・イデオロギー
第2章 「貧困」「格差」は解決できるのか?
    -サードウェーブ・デジタルと、個人の可能性
第3章 地球と人間の関係が変わる時代の「環境」問題
    -GAFAMは「環境」と「資本主義」の対立を超えるか 
第4章 SDGsとヨーロッパの時代
    -これからの日本の居場所を考える 

 

関連書籍

【「10年後の仕事図鑑」著者:堀江貴文,落合陽一】

堀江貴文さんと落合陽一さんによる10年後の仕事について書かれた本です。AIが人々の仕事を急速に奪い、社会を瞬く間に刷新する事実、なくなる仕事と減る仕事、生まれる仕事と伸びる仕事、働き方の変化に伴う経済・お金の変化、人生のグランドデザインを描く術が書かれています。

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

  • 作者: 堀江貴文,落合陽一
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/04/05
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

【「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」著者:落合陽一】

落合陽一さんによる人生100年時代の新しい学び方の紹介になります。このまま、医療が発達し、人間の平均寿命が年々伸び続ければ、いずれ100歳まで生きることが当たり前の時代が来ると言われており、日本政府は2017年に「人生100年時代構想会議」を立ち上げています。この本では、教育改革の現状と今後の社会で求められるであろう能力の変化の予測、落合陽一さんが幼少期から現在までどのように過ごしてきたのか、学校や家庭での学びのあり方や人生の岐路でどんな選択をしたか、STEAM教育について書かれています。参考までにQA方式で、子どもになぜ学校に行かないといけないのかと聞かれたら?、プログラミングの早期教育は必要か?、幼児教育は何から始めればいいか?英語はいつから習えばよいか?、2020年度の大学入試改革の攻略法は?これから大学をどう選べばよいか?といったことについて、落合陽一さんなりの解釈で回答してます。

 

【「分断した世界 逆転するグローバリズムの行方」著者:高城剛】

高城剛さんの未来予測の本になります。「分断した世界 逆転するグローバリズムの行方」と「2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生」の2冊構成となっています。この本では、東西の壁が壊れ、世界がひとつになった1989年から2019年までの30年間を徹底分析した本です。ここで世界が31年ぶりに分断の時代を迎えたとのことです。

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方 (集英社ビジネス書)

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方 (集英社ビジネス書)

  • 作者: 高城剛
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/04/26
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

【「2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生」著者:高城剛】

高城剛さんの未来予測の本になります。「分断した世界 逆転するグローバリズムの行方」と「2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生」の2冊構成となっています。この本では、世界中の未来予測を仕事とする人を訪ねて、対話を重ねたことから生まれた2020年から2049年の今後30年の未来予測になります。宇宙変動、今後30年のメインプレイヤーとなる国家、日本の未来、ポスト国家としての「個人」と「人類の未来」が書かれてます。

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生 (集英社ビジネス書)

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生 (集英社ビジネス書)

  • 作者: 高城剛
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/04/05
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

【「FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習」著者:ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド】

世界で100万部のベストセラーで、ビル・ゲイツ、オバマ元アメリカ大統領も絶賛しているという事実に基づく世界の見方を広めるために書かれた本です。著者はある時、どんなに教育レベルの高い人でも事実に基づいて世界を見れていないことに気付きます。その理由が誰もが持っている10の本能にあり、これを抑制しないかぎり、正しく世界を見れないとのことでした。事実を正しく見ることができないということは、世界の問題解決や未来予測も正しくできません。この本では10の本能とはどのようなものか、これによりどのような間違った世界の見方をしてしまうのか、どうやったらこの本能を抑えられるかが書かれています。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2019/01/01
  •  
  • Amazon  楽天