妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

【本】Google・Appleの伝説のコーチによる人材管理とコーチングの原則

タイトル

「1兆ドルコーチ――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え」著者:エリック・シュミット , ジョナサン・ローゼンバーグ, アラン・イーグル

 

概要

Apple創業者のスティーブ・ジョブズと散歩に行き、グーグル創業者たちに「彼がいなければ成功できなかった」と言わしめるほどの影響のある男「ビル・キャンベル」。彼はスティーブ・ジョブズがつぶれかけのAppleを立て直し、時価数千億ドルの会社にするのを助けました。また、ラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン・エリック・シュミットがスタートしたばかりのGoogleを時価総額数千億ドルの起業にするのを助けました。また、他にも様々な人たちをコーチしました。以下が主な人たちですが、この人たちをコーチするだけでも1兆ドルを大きく超えます。

  • スティーブ・ジョブズ(Appleの共同創業者。iPod・iPhone・Macを世に出す)
  • ラリー・ペイジ(Googleの共同創業者)
  • セルゲイ・ブリン(Googleの共同創業者)
  • エリック・シュミット(Googleの元CEO)
  • スンダ―・ピチャイ(GoogleのCEO)
  • シェリル・サンドバーグ(FacebookのCOO。元Googleの検索・広告の責任者)
  • ジョ・ドナホー(eBayの元CEO)
  • ディック・コストロ(Twitterの元CEO)
  • アル・ゴア(元アメリカ副大統領)
  • ロニー・ロット(NFL殿堂入り選手)
  • ベン・ホロウィッツ(アンドリーセン・ホロウィッツ創業者。著書「HARD THINGS」は有名。ブラウザ「NetScape」を開発したマーク・アンドリーセンと共同創業者)
  • ジョン・ヘネシー(スタンフォード大学の元学長)

 

そんな彼は2016年4月に75歳で亡くなりました。その追悼式の席で、コーチの教えを共有しないと全てが失わると危機感をもった3名が、彼と関わった様々な人にヒアリングして出来上がったのが本書です。

  • エリック・シュミット(Googleの元CEO)
  • ジョナサン・ローゼンバーグ(Googleの元上級副社長)
  • アラン・イーグル(Googleのディレクター)

彼らの前著で有名な本が「How Google Works」であり、日本の2015年のビジネス書大賞で2位となり、話題にもなりました。

How Google Works

How Google Works

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/17
  •  
  • Amazon  楽天 
 

今回、ビル・キャンベルについて、様々な人にヒアリングするにつれ、前著「How Google Works」からは、ビジネスの成功に不可欠な、ある重要な要素が抜けていることに気付いたようです。それが何かというと、「様々な利害をまとめ、会社のためになることに個人も集団も全力で取り組むチーム」とのことでした。

本書では、ビル・キャンベルが「何をどうやってコーチしたか」がまとめられています。
詳細は以下の通りです。

  • スタッフとの1on1ミーティングや難しい従業員への対処をどうやって正しくやったか
  • どうやって働く人たちと信頼関係を築いていったか
  • どうやってチームを構成したか
  • どうやって職場に愛を持ち込んだか

 

目次

1兆ドルコーチ――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

1兆ドルコーチ――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

  • 作者: エリック・シュミット , ジョナサン・ローゼンバーグ, アラン・イーグル
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2019/11/13
  •  
  • Amazon  楽天 
 

Chapter1 ビルならどうするか?
Chapter2 マネージャーは肩書がつくる。リーダーは人がつくる。
Chapter3 「信頼」の非凡な影響力
Chapter4 チーム・ファースト
Chapter5 パワー・オブ・ラブ
Chapter6 ものさし

 

関連書籍

【「イノベーターズ 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史」著者:ウォルター・アイザックソン】

コンピューターとインターネットは重要な発明ですが、誰が作ったのかはあまり知られていません。これらの発明は独創的な人間や真の天才がコラボレーションから生まれました。この本では、そうした先駆者、ハッカーや発明家、起業家たちがどんな人間で、何を考え、その創造の源が何か、どんなコラボレーションが繰り広げられ、チームとして働く能力が彼らの創造性をいっそう引き出したのはなぜかを解き明かしています。

第1章 ラブレス伯爵夫人エイダ
第2章 コンピュータ
第3章 プログラミング
第4章 トランジスタ
第5章 マイクロチップ
第6章 ビデオゲーム
第7章 インターネット

第8章 パーソナルコンピュータ
第9章 ソフトウェア
第10章 オンライン
第11章 ウェブ登場
第12章 エイダよ、永遠に

 

ちなみに著者のウォルター・アイザックソンはスティーブ・ジョブズの伝記をまとめた人で有名です。

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

  • 作者: ウォルター・アイザックソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/28
  •  
  • Amazon  楽天 
 
スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

  • 作者: ウォルター・アイザックソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/28
  •  
  • Amazon  楽天 
 

 

関連記事

【【本】海外の有名な起業の歴史・創業者自伝まとめ(Google・Apple・Facebook・Amazon等)】

www.mousoutraveling.com