妄想旅行のための読書

おススメ本をゆる~く紹介します。本を読むと妄想の精度が上がります。

本を耳で聴くAmazonのAudible(オーディブル)を使ってみた感想・メリット・デメリット・退会解約方法

普段、紙の本やAmazonの電子書籍Kindleを使っている人がAmazonのAudible(オーディブル)を使ってみた感想を書いていきます。

 

目次
Audible(オーディブル)とは?
無料で試してみる(無料登録方法)
退会・解約方法
メリット
デメリット
こんな人におすすめ
まとめ

Audible(オーディブル)とは?

Audible(オーディブル)とは、Amazonのボイスブックのサービスになります。ボイスブックとは、人の声で読んだ本のことです。機械の抑揚のない読み上げとは違い、俳優や声優が抑揚をつけて読み上げる耳で聴く本です。アプリに好きな本をダウンロードして、好きな時間に好きな場所で両手を使わず読書できます。ビジネス・自己啓発・小説・英字新聞、落語、洋書などがラインナップが幅広くあります。

無料で試してみる(無料登録方法)

実際に試しに聴いてみたい方は、以下の方法で無料体験できます。

 

(1)Amazon公式サイトのトップページの左上のメニューにあるカテゴリ「本・コミック・雑誌&Audible」→「Audible・オーディオブック」と進みます。以下のアイコンをクリックしたページと同じページに進みます。

 

(2)入会手続きとして黄色の「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。」ボタンをクリックします。

 

(3)人気作のサンプルを聴けるページに進みます。人気作家のベストセラーから名作まで、プロの声優や著名人の朗読を無料で聴けます。まずはここでいろいろ聴いてみるとAudible(オーディブル)の音声がどういうものか分かります。試しにアプリで使った場合の操作性まで確認したいと思ったら、「30日間の無料体験を試す」ボタンをクリックします。

(4)利用規約のページに進み、「無料体験を試す」ボタンをクリックすると利用可能になります。
※注意事項として、30日間の無料体験後は自動的に有料会員(¥1500円/月)へと移行しますので、有料会員にならなくてもいいという方は必ず無料体験の30日間の中で解約してください。

 

(5)アプリを入手します。AmazonのAudible(オーディブル)のページから聴きたい本をクリックすると、アプリのダウンロードページ(iOSを利用している人はApp Store)に進みます。アプリをダウンロード後に利用できるようになります。直接、App Storeといったアプリを管理しているサイトからダウンロードすることも可能です。

 

退会・解約方法

Amazon公式サイトのトップページの左上のメニューにある「アカウントサービス」→「その他のアカウント」→「Audibleアカウント」→アカウント情報の会員タイプの下にある青字の「退会手続きへ」をクリック。後は順に進めていけば退会できます。
※PC・タブレットの場合は上記の手順で問題なくできると思います。スマホの場合は上記の手順で実施しようとした時にそのような表示がないとなると思いますので、まずは以下の画像の赤枠で囲んだアイコンをクリックしてPCと同じサイト表示になるように設定してから上記の手順を実施してください。

<Safariの場合>

f:id:mousoutraveling:20200104131000j:plain


<Google Chromeの場合>

f:id:mousoutraveling:20200104130958j:plain

 

 

メリット

・通勤・通学・運動のスキマ時間を効率よく使って情報をインプットできる
・倍速で聴けるのでインプット量が上がる
・小説では臨場感を味わえる

 
「通勤・通学・運動のスキマ時間を効率よく使って情報をインプットできる」は、
・この時間を何も利用していなかった人
→本を聴くことで効率よく時間を使えます。
・この時間に本を読んでいた人
→両手が空きます。通勤・通学が満員電車の方は分かると思いますが、
 紙の本でも電子書籍Kindleを利用しても読む場所を維持するのは大変です。
 ただし、AmazonのAudible(オーディブル)の場合は、耳で聴くものなので、
 本を読む場所を維持するということが不要になります。
 また、運動しながら本を読んでいた人はいないと思いますが、
 AmazonのAudible(オーディブル)の場合は、本を聴くことが可能になり、
 インプット量をこれまでより増やすことができます。

「倍速で聴けるのでインプット量が上がる」は、アプリで再生速度が設定可能で、0.5倍速~3.5倍速まであります。3.5倍速は速聴できる人でないと厳しいと思いますので、だいたい2倍速がちょうどいいかと思います。倍速で聴けば時短で本を聴くことが可能です。

<参考:アプリ画面> 

f:id:mousoutraveling:20200104121845j:plain

f:id:mousoutraveling:20200104121853j:plain

 

「小説では臨場感を味わえる」は、人気俳優・タレント・声優・朗読家が抑揚をつけて朗読してくれるので臨場感が味わえます。

以下がナレーター一覧です。(2020年1月時点)

俳優・タレント 声優・朗読家
朴 腎美
高良 健吾 雨宮 天
宮本 隆治 茅野 愛衣
田辺 誠一 釘宮 理恵
中村 蒼 中井 和哉
田中 麗奈 置鮎 龍太郎
城田 優 緑川 光
早乙女 太一 野島 健児
唐田 えりか 神谷 浩史
上川 隆也 沢城 みゆき
小澤 征 古川 登志夫
柄本 佑 日髙 のり子
大久保 佳代子 根本 泰彦
豊原 功補 後藤 敦
三田 佳子 平川 正三
和牛 大森 ゆき
柳家 小さん 佐藤 恵
高橋 克典 三好 翼
立川 談志 小松 史法
坂口 憲二 白川 周作
宮沢りえ 下山吉光
糸井 重里 高橋 李依
髙橋 大輔 松宮 森乃
夏木 マリ 佐々木 健
風間 杜夫 神谷 尚武
橋爪 功 ささき のぞみ
奈良岡 朋子 岡崎 弥保
岸田 今日子 松岡 美奈
蟹江 敬三 青木 幹和
林 隆三 矢島 正明
遠藤 久美子 佐々木 健
大竹 まこと 大塚 明夫
萩原 聖人 福島 潤
三上 博史  
常田 富士男  
大塚 明夫  
小川 眞由美  
高橋 和也  
栗原 小巻  
古谷 一行  
窪塚 俊介  
ともさか りえ  
石田 衣良  
渡辺 美優紀  
山田 菜々  
立川 志の春  

 

デメリット

・品揃えが少ない

・値段が高い

・読み返しが難しい

 

「品揃えが少ない」は、最新刊が少ないです。過去発売された本であれば品揃えはいいですが、最新刊を早く読みたい人にとってはAudible(オーディブル)は現時点では向かないです。

「値段が高い」は、通常の本に比べて約2倍の値段です。朗読に有名な俳優や声優を起用しているのでその分値段が高いと考えますが、それでも高いかなと思います。

「読み返しが難しい」は、さかのぼって情報を見たい時に、紙の本や電子書籍であれば大体この辺りと判断して探せますが、Audible(オーディブル)ではそれが難しいと思います。

 

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

こんな人におすすめ

・お金がかかってもいいので、スキマ時間で効率よく情報をインプットしたい。
・読み返したり、本にメモ書きしない。
 インプットできれば、紙・電子書籍・Audible(オーディブル)の媒体は問わない。
・小説を好きな俳優・声優の朗読で聴きたい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
個人的には、最新刊がすぐ聴けるようになり、値段が下がれば、本を読むよりも、本を聴く方が効率的にインプットできると思います。

 

関連記事

【読書を最適化!電子書籍リーダー「kindle」を5年ほど使った感想】

www.mousoutraveling.com