池井戸潤「半沢直樹シリーズ」発売日順(読む順番)まとめ

本のタイトル ※発売日順(読む順番)

1.オレたちバブル入行組

2.オレたち花のバブル組

3.ロスジェネの逆襲

4.銀翼のイカロス

 

概要

バブル末期に大手都市銀行に入行した半沢直樹が、銀行内外の人間や組織による数々の圧力や逆境と戦う姿を書いています。テレビドラマ「半沢直樹」で堺雅人さんが演じ、ドラマもスピード感があって面白く、半沢直樹の決め台詞である「やられたらやり返す。倍返しだ!!」の台詞が2013年流行語大賞にもなりました。ドラマから本を読みだした人も多いと思います。毎回逆境に立ち向かい、最後に大どんでん返しする流れがとても面白い作品です。

 

おすすめ作品

一番のおすすめは、シリーズ4作目の「銀翼のイカロス」。シリーズが進むにつれて、どんどん相手が大物になっていき、毎回のように逆境に立ち向かい、最後に大どんでん返しする流れが面白いです。大物になれば大物になるほど、最後のバトルの舞台がすごい場所になっていきます。

 

1.オレたちバブル入行組

半沢直樹 1 オレたちバブル入行組 (講談社文庫)

半沢直樹 1 オレたちバブル入行組 (講談社文庫)

  • 作者:池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: Kindle版
 

序章 就職戦線

第一章 無責任論

第二章 バブル入行組

第三章 コークス畑と庶務行員

第四章 非護送船団

第五章 黒花

第六章 銀行回路

第七章 水族館日和

終章 嘘と新型ネジ

 

2.オレたち花のバブル組

半沢直樹 2 オレたち花のバブル組 (講談社文庫)

半沢直樹 2 オレたち花のバブル組 (講談社文庫)

  • 作者:池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: Kindle版
 

第一章 銀行入れ子構造

第二章 精神のコールタールな部分

第三章 金融庁検査対策

第四章 金融庁の嫌な奴

第五章 カレンダーと柱の釘

第六章 モアイの見た花

第七章 検査官と秘密の部屋

第八章 ディープスロートの憂鬱

 

3.ロスジェネの逆襲

ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲: (2020年4月スタートドラマ『半沢直樹』原作)

ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲: (2020年4月スタートドラマ『半沢直樹』原作)

  • 作者:池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: Kindle版
 

第一章 椅子取りゲーム

第ニ章 奇襲攻撃

第三章 ホワイトナイト

第四章 舞台裏の道化師たち

第五章 コンゲーム

第六章 電脳人間の憂鬱

第七章 ガチンコ対決

第八章 伏兵の一撃

第九章 ロスジェネの逆襲

 

4.銀翼のイカロス

ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス: 2020年4月スタートドラマ『半沢直樹』原作

ドラマ「半沢直樹」原作 銀翼のイカロス: 2020年4月スタートドラマ『半沢直樹』原作

  • 作者:池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: Kindle版
 

序 章 ラストチャンス

第一章 霞が関の刺客

第二章 女帝の流儀

第三章 金融庁の嫌われ者

第四章 策士たちの誤算

第五章 検査部と不可解な融資

第六章 隠蔽ゲーム

終 章 信用の砦

 

<Amazon オーディブル>

 

関連記事

【本】池井戸潤「下町ロケットシリーズ」発売日順(読む順番)、おすすめ作品まとめ

www.mousoutraveling.com